ダウンタイムまでまるわかり!美白治療辞典

美容医療でできる美白治療について詳しく解説しています。美白を阻んでいる原因は、シミやくすみだけではなく、隠れシミ、毛穴、肝斑、産毛など多種多様です。これらの症状が複数同時に発生して、肌全体のトーンを暗くしていることもあります。美白を目指すためには、自分の肌に起こっている現実を正確に診断してもらい、適切な治療を適切な回数だけ受けることが肝心です。

Hot Word

自分にピッタリな美白の治療法って?

美白を阻んでいる原因には、シミやくすみだけでなく、隠れシミや毛穴、肝斑などさまざまなものがあります。むしろ、複数の原因が併発して肌全体のトーンが暗くなっていることが大半でしょう。ここでは、美白を目指すための治療法を中心に、美白に関して詳しく解説しています。

ダウンタイムまでまるわかり!タイプ別美白治療辞典

光治療

美白治療のスタンダード!広範囲を徐々に改善

  • 治療の回数…症状の程度に応じて5~20回ほど
  • 施術後の症状…赤みやかさぶたが出ることがあり
  • ダウンタイム…ほとんどなし。かさぶたは1週間ほど
  • アフターケア…紫外線対策と保湿ケアは必須!
  • 広範囲の美白を少しずつ実現していく美白治療のスタンダード。ただし機種によっては、やや強い痛みをともなう場合があります。

美容注射・点滴

体の内部から美白を目指す美容内科治療!

  • 治療の回数…症状に応じて3~10回ほど
  • 施術後の症状…膨疹や血管痛などが出ることがあり
  • ダウンタイム…ほとんどなし。あっても1日程度
  • アフターケア…特になし。普段通りのケアを
  • 薬剤の種類に応じ、ダウンタイムなくして希望の美白を目指すことが可能。ただし、注射や点滴が苦手な人には向いていません。

ピーリング

薬剤を塗って流すだけのカンタン治療

  • 治療の回数…症状の程度に応じて3~10回ほど
  • 施術後の症状…通常は赤みやヒリヒリ感が出る
  • ダウンタイム…最短で数時間、最長で2日以上
  • アフターケア…たっぷり保湿&しっかりUVケア
  • 薬剤の配合によって、美白効果と同時に毛穴改善を目指すことも可能。ただし、個人差によってダウンタイム中の症状がひどくなることもあります。

もっと詳しく!各施術の人気施術を深堀り

光治療(IPL)

光治療とは、医療用の特殊な光を肌に照射することで、シミや毛穴、赤み、小じわなどのさまざまな症状の改善を図る治療法のこと。マシンのィルターを変えるだけで、複数の症状の改善を同時に目指すことが可能です。

フォトRF・オーロラ
効果
シミ、くすみ、毛穴改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は3~5回ほど。術後、顔がやや赤くなることあり。ダウンタイムは1日ほど。
BBL光治療
効果
シミ、そばかす、くすみ、毛穴改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は5回ほど。術後、顔の赤みやかさぶたが出ることも。ダウンタイムは1週間ほど。
フォトフェイシャルM22
効果
シミ、くすみ、赤み、毛穴改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は5~6程度。術後、顔に赤みやかさぶたが発生。ダウンタイムは1週間程度。
フォトフェイシャルファーストM22
効果
シミ、くすみ、肝斑、赤み、毛穴改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は4~5回程度。術後、気にならない程度のかさぶがが生じることも。ダウンタイムはほとんどなし。
ルメッカ(インモード)
効果
シミ、くすみ、赤み、毛穴改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は1回~。術後、顔に赤みが出たのち、点々とかさぶたが発生。ダウンタイムは1週間程度。
セレック
効果
シミ、そばかす、赤み、毛穴改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は5~8回ほど。術後、顔が赤くなったのちに、かさぶたが出ることあり。ダウンタイムは2日~2週間程度。
ICON(アイコン)
効果
シミ、くすみ、そばかす、赤み改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は2回ほど。術後、顔がほんのり赤くなったのち、かさぶたが発生。ダウンタイムは1週間程度。
ソラリ
効果
シミ、そばかす、赤み、毛穴改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は1回~。術後、顔が赤みを帯びたのち、かさぶたが発生。ダウンタイムは1~2週間ほど。
Pフェイシャル
効果
シミ、肝斑、赤み、毛穴改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は5回ほど。術後、顔に赤みが生じたのち、かさぶたが発生。ダウンタイムは1週間程度。
フォトシルクプラス
効果
シミ、くすみ、肝斑、赤み、毛穴改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は1~5回ほど。術後、顔に赤みやかさぶたが発生。ダウンタイムは1週間ほど。
メドライトC6
効果
シミ、くすみ、肝斑、そばかす、毛穴改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は1~12回。術後、顔に赤みやかさぶたが出ることあり。ダウンタイムは1~2週間程度。
ライムライト
効果
シミ、そばかす、赤み、毛穴改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は5回程度。術後、顔に赤みが出たのち、かさぶたが発生。ダウンタイムは1~7日ほど。

美容点滴・注射

美容点滴・注射とは、患者が希望する効果に応じた薬剤を、点滴や注射などで体に直接注入する治療法のこと。複数回の施術を繰り返すことで、体の中から徐々に薬剤が効き、徐々に目指している肌へと変化させていきます。

白玉注射
効果
くすみ、肝斑などの改善による美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は5~10回ほど。施術回数を重ねるほどに美白効果を実感。ダウンタイムはほとんどなし。
プラセンタ注射
効果
シミや毛穴改善による美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は5~10回ほど。施術を重ねるほどに、徐々に美白効果を実感。ダウンタイムはなし。
水光注射
効果
くすみや毛穴改善による美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は5回ほど。術後、膨疹(じんましんのような膨らみ)や内出血が出ることあり。ダウンタイムは最長2週間ほど。
高濃度ビタミンC点滴
効果
シミ、くすみ、肝斑改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は3回以上。術後、血管痛などを自覚する場合あり。ダウンタイムは1日程度。
高濃度グルタチオン点滴
効果
シミ、くすみ、そばかす、肝斑改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は5~10回ほど。術後、複数回の施術を繰り返しているうちに徐々に効果を実感。ダウンタイムはほぼなし。

ピーリング

ピーリングとは、医療用に作られた特殊な薬剤を肌に塗り、シミ消しなどを通じた美白や、小じわの改善などを目指す治療法のこと。複数の薬剤を混合することで、いくつかの症状の同時改善を目指すこともできます。

ケミカルピーリング
効果
シミ、毛穴、くすみ、そばかす改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は1~10回。術後、顔に赤みやピリピリ感が出ることも。ダウンタイムは2~3日程度。
乳酸ピーリング
効果
シミ、くすみ、色素沈着、肌の色むら改善などによる美白効果
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は1回~。術後、肌にカサカサが生じることもあり。ダウンタイムは1~3日程度。
ミルクピーリング
効果
シミ、くすみ、赤み、毛穴、肝斑改善などによる美白効果。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は1~4回程度。術後は顔に赤み、カサカサが出ることあり。ダウンタイムは2~3日程度。

美白は内側と外側の両方のケアが必要

「美白になりたい!」とは言っても、美白を阻んでいる原因はシミやくすみだけではなく、毛穴やくすみ、肝斑、そばかす、赤みなど多種多様。これらが同時発生することで、あなたの美白を阻んでいるのかもしれません。

本気で美白を目指すならば、ピーリングや光治療などの外側からの治療と、美容点滴・注射などの内側からの治療を併用したほうがいい場合もあるでしょう。

いずれにしても、治療に際しては、あなたの美白を阻んでいる原因をはっきりとさせることが大前提です。

失敗しない美白治療の選び方

あなたの美白を阻んでいる原因をはっきりさせるために、ぜひチェックしておいてほしいマシンが「レビュー」。

肌に現れているシミや隠れシミ、くすみ、そばかす、肝斑、赤みなどの種類や程度を、正確に画像診断してくれる優秀なマシンです。

「レビュー」で診断してもらえば、きっと、あなたの美白を阻んでいる原因が一目瞭然で分かることでしょう。

すでに一部の美容クリニックでは「レビュー」を導入済み。美白を目指す方々は、ぜひチェックしてみてくださいね。

SilKIN編集部より

  
    
SilKIN編集部のアイコン
  
  

生活習慣の改善が
ニキビ予防の第一歩

大人ニキビは、日々の生活習慣が大きく関与しています。ニキビやニキビ跡に悩んでいる人はスキンケアだけでなく、睡眠・食生活を含めた生活習慣をしっかり見直すことが大事。

内側からバランスが整っていけば、徐々に肌が落ち着いていくのを感じられるはずです。もしセルフケアだけで対処しきれない、根本的にニキビを治したいという場合は、専門の美容皮膚科で診察を受けるのも良いでしょう。

本格的な治療を受けられるだけでなく、ニキビやニキビ跡を予防するためのスキンケア方法も教えてもらえます。

戻る