黒ずみ

なかなか消えない肌の黒ずみの原因と、透明感のある肌を取り戻すケア方法をまとめています。自分でのスキンケアに限界を感じている方、必見です。

Hot Word

毎日丁寧に洗顔をしても、なかなか消えない黒ずみ。つい力を入れてこすってしまう…という人もいるでしょうが、黒ずみを解消するにはその原因をしっかりと把握しておくことが大事。やってはいけないNG習慣とともにチェックしてみてください。

黒ずみの原因とは?

毛穴の黒ずみが起こる1番の原因は、角栓の詰まりです。角栓とは、皮脂腺から分泌された皮脂や剥がれた角質が毛穴に詰まったもの。毛穴からはみ出した角栓が空気に触れ、酸化することで黒ずみが発生します。ほかの部位にはどのような原因があるのでしょうか。

原因1・過度な刺激

メラニンの色素沈着による肌の黒ずみの原因はさまざま。強い力でマッサージしたり、合成繊維の下着のこすれ、マッサージ機器による強い刺激、ナイロン製のタオルの使用など、長期間にいきすぎた刺激が加わると、摩擦による刺激により黒ずみが生じてしまいます。

原因2・肌に合わないコスメの使用

自分の肌に合わないコスメの使用による皮膚炎や、ニキビをいじりすぎるなどの刺激によって炎症を起こし、その結果、メラニン色素が過剰に生み出されて色素沈着となって黒ずんでしまいます。

コレやってない?NGチェック

まず、クレンジングや洗顔でメイク・肌の汚れを落とさないことがある…という人は注意が必要。メイクを落とさずに寝ると就寝中に雑菌が繁殖し、消えない黒ずみがどんどん増えてしまいます。
また、ブツブツ毛穴を指やピンセットで押し、角栓を取ろうとする行動もNG。

余計な刺激で皮脂がさらに分泌され、角栓が減るどころか増える恐れがあるのです。毎日のスキンケアでは、クリームやオイルなどで油分をつけすぎていないかどうかをチェック。過剰な油分は角質を酸化させるもととなります。

黒ずみの豆知識

なかなか消えない黒ずみを解消するには、余分な角質を取り除くピーリング剤やスクラブ洗顔、たんぱく質分解酵素で角質を除去する酵素洗顔などが有効。普通の洗顔ではなかなか落とせない厚くなった角質や、毛穴の奥の汚れをスッキリさせることができます。

ただし、ピーリング剤やスクラブは毎日使うと肌に負担をかけてしまうため、使用回数をしっかり守りましょう。
また、洗顔後は保湿化粧水・美容液で肌に水分を与えることも大事。肌が潤って柔らかくなり、角質が取れやすくなります。

SilKIN編集部より

  
    
SilKIN編集部のアイコン
  
  

黒ずみを解消するには
丁寧なスキンケアを

黒ずみのない美肌を保つには、毎日の丁寧なスキンケアが重要。
できてしまった黒ずみを解消するにはある程度の時間が必要ですが、時間をかけてケアを続けていけば徐々に効果が出てきます。

ただ、セルフケアを続けても一向に黒ずみが解消されない…という場合は、ムリをせず美容皮膚科に相談してみるのが正解。ケミカルピーリングやレーザー治療など、あなたにピッタリのケア方法が見つかるはずです。

戻る