ダウンタイムまでまるわかり!ニキビ治療辞典

ニキビの種類と治療法をご紹介しています。ニキビにはいくつかの種類がありますが、きちんと治すためには、自分のニキビがどの種類であるかを知ることが大切。誤った方法で対処すると、ニキビ跡となって残る場合もあるので注意しなければなりません。医療機関で用意している様々なニキビ治療法をピックアップし、それぞれの特徴やダウンタイム、メリット・デメリットなどについて解説します。

Hot Word

自分にピッタリなニキビの治療法って?

ニキビを治すためには、自分のニキビがどのタイプであるかを知ることが先決。自分のニキビのタイプを知ったうえで、適切な治療を受けるようにしてください。ここでは、ニキビのタイプや治療法の種類などについてまとめました。

ニキビの種類

白にきび

皮脂がたまって毛穴がつまり、少しだけ盛り上がった状態。にきびの初期段階と考えてください。つぶしたくなりますね。

黒にきび

白にきびの毛穴が開いて酸化して、黒く見えている状態。小粒のホクロやシミなどにように見えることがあります。

赤にきび

アクネ菌の増殖で白にきび炎症を起こして、赤くはれた状態。きちんと治療しなければ、にきび跡になることもあります。

膿にきび

赤にきびの炎症がさらに悪化して、黄色い膿が透けて見える状態。にきびの最終段階と言われています。

ダウンタイムまでまるわかり!タイプ別ニキビ治療辞典

プラズマシャワー

重症ニキビや化膿したニキビも治療可能!

  • 治療の回数…5回程度でほとんどのニキビが改善
  • 施術後の症状…ほぼ無症状。術後すぐメイク可能
  • ダウンタイム…ほとんどなし。即、普段通りの生活へ
  • アフターケア…紫外線対策と保湿ケアを徹底!
  • 一般的なニキビはもちろんのこと、集族性や膿疱性などの重症ニキビも治療可能。術後1時間はメイクができません。

ハイドラフェイシャル

肌質問わずあらゆるニキビを改善できる

  • 治療の回数…5回くらいで効果を実感
  • 施術後の症状…一時的なむくみや腫れなどがあり
  • ダウンタイム…ほとんどなし。あっても数時間程度
  • アフターケア…日焼けに注意!保湿ケアも徹底
  • 肌質やニキビのタイプを問わず、1回の施術でも効果を実感。術中、ピリピリとした痛みを伴うことがあります。

光治療

広範囲のニキビに対応!美肌効果も期待

  • 治療の回数…症状の程度に応じて5~20回ほど
  • 施術後の症状…やや赤くなったりかさぶたができたり
  • ダウンタイム…ほとんどなし。かさぶたは1週間ほど
  • アフターケア…紫外線対策&保湿ケアが大事
  • 広範囲に広がったニキビ全体に対して効果をもたらす治療法。マシンの種類によっては、施術中、多少の痛みを伴うこともあります。

イオン導入

有効成分が肌の奥まで効率的に浸透

  • 治療の回数…症状の程度に応じて10~25回ほど
  • 施術後の症状…やや赤くなることがあり
  • ダウンタイム…ほとんどなし。翌日から普通に出勤OK
  • アフターケア…もちろん紫外線対策と保湿ケア徹底!
  • ニキビ改善に有効な成分を肌の奥まで浸透させることが可能。ただしピーリングと一緒に受けないと、通院回数が増えてしまいます。

ピーリング

薬剤を塗るだけでニキビ解消を目指す!

  • 治療の回数…症状の程度に応じて3~10回
  • 施術後の症状…肌に赤み、ヒリヒリ感などが出る
  • ダウンタイム…数時間から2日ほど続くこともあり
  • アフターケア…術後の肌は超敏感!UVケアと保湿ケア
  • 薬剤の種類や配合により、ニキビとあわせてシミやくすみなどの改善を目指せるマルチな治療法。ただし、個人差により術後の赤みがひどくなることも。

レーザー治療

軽度から難治性まであらゆるニキビに対応

  • 治療の回数…症状の程度に応じて3~12回
  • 施術後の症状…多少の赤みが出ることあり
  • ダウンタイム…マシンによって数時間から1週間程度
  • アフターケア…紫外線対策と保湿ケアで色素沈着予防
  • 軽度のニキビから難治性のニキビまで、あらゆる症状に対応可能。レーザーの照射時、強い痛みを感じることもあります。

もっと詳しく!各施術の人気のニキビ治療を深堀り

王道のニキビ治療

ケミカルピーリング
効くニキビ
初期の白いニキビ、赤くなったニキビ、膿を持った重症のニキビなど、ニキビ全般。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は3~10回ほど。治療後、肌に赤みやヒリヒリ感が続くことがある。ダウンタイムは数時間から2日ほど。
イオン導入
効くニキビ
初期の白いニキビ、赤くなったニキビ、膿を持った重症のニキビなど、ニキビ全般。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
イオン導入単独でニキビを治すなら10~25回ほどの治療回数が必要。術後は少し赤くなる程度。ダウンタイムはほとんどなし。

光治療(IPL)

光治療(IPL)とは、カメラのフラッシュのような光を患部に照射して、ニキビやシミ、しわ、たるみなどのさまざまな症状の改善を目指す治療法のこと。光の力でニキビのアクネ菌を殺菌したり、シミなどのメラニン色素を破壊したりする施術です。

BBL光治療
効くニキビ
初期の白いニキビ、赤くなったニキビ、膿を持った重症のニキビなど、ニキビ全般。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は5回程度。術後は、患部が赤くなったり熱を帯びたような感覚になったりすることがあり。ダウンタイムは数時間から1週間ほど。
クリアタッチS
効くニキビ
初期の白いニキビ、赤くなったニキビ、膿を持った重症のニキビなど、ニキビ全般。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は8~12回程度。術後、まれに赤みが出ることがあり。ダウンタイムはほとんどなし。
LED光治療
効くニキビ
初期の白いニキビ、赤くなったニキビ、膿を持った重症のニキビなど、ニキビ全般。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は8~9回ほど。術後、まれに赤くなることがあり。ダウンタイムはほとんどなし。
フラッシュランプ
効くニキビ
炎症性ニキビ、繰り返すニキビなど、重度のニキビに相性よし。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は8回程度。術後、まれに肌が赤くなることがあり。ダウンタイムはほそんとなし。
セレック
効くニキビ
炎症性ニキビによく効く。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は5~8回ほど。術後、まれに肌が赤くなることがあり。ダウンタイムはほとんどなし。

レーザー治療

レーザー治療とは、患部にピンポイントでレーザーをあてることで、ニキビやしわ、シミ、ホクロなどのさまざまな症状の改善を目指す治療法。レーザーのパワーでアクネ菌を殺菌してニキビを改善させたり、コラーゲンの生成を促してしわを改善させたりする施術です。

ダイオードレーザー
効くニキビ
主に赤くなったニキビや、顔全体に広がったニキビなど。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は5~6回ほど。施術後、肌が多少赤くなることもあり。ダウンタイムは1日程度。
ロングパルスアレキサンドライトレーザー
効くニキビ
主に赤く目立つニキビ、膿を持って重症化したニキビなど。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は7~12回程度。術後は多少赤くなることはあるが軽度。ダウンタイムはほとんどなし。
炭酸ガスレーザー
効くニキビ
さまざまなニキビに効果的だが、中でも特にコメドを持ったニキビ。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は3回程度。術後、赤みや出血、痛みを伴うことあり。ダウンタイムは4~5日程度。
Vビームレーザー
効くニキビ
主に赤くなったニキビの改善に効果的。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は3~5回ほど。術後、赤みや痛みが生じることあり。ダウンタイムは3~7日程度。
アクネビーム
効くニキビ
難治性のニキビ、赤くなったニキビなど、やや重症化したニキビ。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は3~4回。術後、まれに赤みが出ることあり。ダウンタイムはほとんどなし。

その他

ハイドラフェイシャル
効くニキビ
初期の白いニキビ、赤くなったニキビ、膿を持った重症のニキビなど、ニキビ全般。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は5回程度。術後、やや赤みが生じるものの数時間で消滅。ダウンタイムはほとんどなし。
アクネス
効くニキビ
すべてのタイプのニキビに効果的とされている。
治療回数と施術後の症状、ダウンタイム
治療回数は3~5回ほど。術後、一時的にむくみや腫れ、内出血などが出ることも。ダウンタイムはほとんどなし。

ニキビは適切に治療することが跡にならないコツ

ニキビが出てしまうと、つい自分でつぶしたくなってしまいます。確かに、自分でつぶしてニキビが治ることもあるのですが、多くの場合、赤みが残ってしまいますよね?ターンオーバーを促進させれば赤みが早く治ると信じ、スクラブケアをする人もいるようですが、かえって刺激になってニキビ跡が残ることがあるので要注意です。

ニキビの種類によって対処方法は変わります

ニキビの症状にはいくつかのタイプがありますが、どのタイプのニキビでも「適切な対処方法」というのがあります。対処方法を誤ってしまうと、ニキビ跡として残ってしまうこともあるので注意してください。

自分のニキビがどのタイプなのかを判断するのは、少なくとも素人には判断が困難。医療機関で正しく診断してもらい、正しく対処してもらうことが大事です。

まずは自分のニキビの状態をしっかり分析することが大切!

自分のニキビがどんなタイプのニキビなのか、自分で判断することは困難。正しい対処をするためには、ぜひ皮膚科や美容皮膚科で診てもらうようにしてください。でも、せっかく医療機関で診てもらうのならば、ニキビだけではなく、肌全体の状態を知りたいと思いませんか?

そこでご紹介したいのが、「レビュー」というマシン。ニキビをはじめ、シミの状態や隠れたシミなどを、専用の画像装置で分析してくれる専用のマシンです。「レビュー」の画像診断を通じて、ニキビ解消だけではなく、肌全体をプルプル真っ白のベビースキンにしてみませんか?

SilKIN編集部より

  
    
SilKIN編集部のアイコン
  
  

生活習慣の改善が
ニキビ予防の第一歩

大人ニキビは、日々の生活習慣が大きく関与しています。ニキビやニキビ跡に悩んでいる人はスキンケアだけでなく、睡眠・食生活を含めた生活習慣をしっかり見直すことが大事。

内側からバランスが整っていけば、徐々に肌が落ち着いていくのを感じられるはずです。もしセルフケアだけで対処しきれない、根本的にニキビを治したいという場合は、専門の美容皮膚科で診察を受けるのも良いでしょう。

本格的な治療を受けられるだけでなく、ニキビやニキビ跡を予防するためのスキンケア方法も教えてもらえます。

戻る