タイタン

近赤外線の力でコラーゲンの生成を促し、たるみやしわ、目の下のたるみ(クマ)などの改善を目指すタイタン。切らないリフトアップ術として知られるタイタンについて、効果のメカニズムやダウンタイム、リスク、費用などの情報をまとめています。ダウンタイムがないこともあり、広く女性たちから人気のメニューです。

Hot Word

タイタンの効果

どんな悩みに効く?

たるみ/しわ/小じわ/クマ/毛穴

タイタンがたるみやしわなどに効くメカニズム

タイタンは、「切らないリフトアップ術」の代表的な施術の一つ。赤外線を使ってリフトアップを図るマシンです。

タイタンから照射される赤外線は、波長1100~1800nmの近赤外線と呼ばれる種類。真皮層まで届けられた近赤外線は、真皮層にある水分を温めます。この温め効果で線維芽(せんいが)細胞が刺激され、肌の内部でコラーゲンの生成が促される、という仕組みです。熱で変形する細胞を利用してコラーゲンを増やすタイプの施術ですね。

コラーゲンは肌のハリを維持するための主役のような成分。肌の中でコラーゲンが増えることで、たるみ、しわ、目の下のたるみ(クマ)などのお悩みが解消する、というわけです。

術後の変化

タイタンを照射した部分が、施術直後、少しほてったような感じがします。と同時に、鏡を見ると、わずかですがリフトアップされていることが分かるはず。その後、数日かけて徐々にたるみ・しわが改善していくでしょう。1ヶ月に1回のペースで受け続ければ、より高い効果を実感できます。

ダウンタイム

ダウンタイムは、ほぼありません。施術直後に顔がほてったような状態になって、その後、赤みが出てくることがあります。ただし、メイクで隠せないような極端な赤みは、ほとんどありません。赤み自体、1~2日ほどで引いていきます。

アフターケア

施術後しばらくは、お肌がとても敏感になっています。保湿とUVケアは、まめに行ってください。特にタイタンの場合、紫外線は大敵。SPF30以上の日焼け止めを購入して、しっかりとケアを行いましょう。

リスク

熱を発生させる施術なので、ヤケドの可能性がゼロとは言えません。熱すぎると感じたら、すぐに施術している担当者に言いましょう。もしヤケドになったら水ぶくれが出来てしまうかも知れません。ほかのリスクとしては、アザや腫れ、色素沈着などが考えられます。

タイタンのまとめ

肌に近赤外線を照射することで、コラーゲンの増産から肌のハリをアップさせるタイタン。1回の施術でも一定の効果を実感できますが、より高い効果を得るために、ほとんどのクリニックでは複数回の施術を推奨しています。定期的に受けていきたい施術の一つですね。

相場やリスクなど基本情報

料金相場 30,000~60,000円(全顔)
メイク 術後すぐ
効果が出る回数 1回~
施術の痛み やや熱い感じ

戻る