フォトシルクプラス

美容皮膚科などで導入している美白マシン「フォトシルクプラス」をご紹介しています。効果のメカニズムやダウンタイム、施術のリスク、費用の目安などをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。光の力によってシミやそばかすを除去し、コラーゲンの生成促進によって小じわなどの悩みを解消させてくれる施術です。

Hot Word

フォトシルクプラスの効果

どんな悩みに効く?

シミ/そばかす/肝斑/くすみ/小じわ/毛穴/赤ら顔

フォトシルクプラスが(悩み)に効くメカニズム

フォトシルクプラスは、主にシミやくすみ、そばかす、肝斑などの解消を目指した美白系の光治療器。

コラーゲンの生成を促進させる働きもあることから、小じわや毛穴のお悩みにも対応しています。

フォトシルクプラスから照射される光は、まずは肌にあるメラニンに反応。光エネルギーを集中させることでメラニンを破壊し、シミやくすみ、そばかすなどを改善させます。

また、皮膚の内部の真皮層まで届いた光エネルギーは、線維芽細胞という組織を刺激。これによってコラーゲンの生成が促進されて、肌にハリが生まれて小じわや毛穴などのお悩みも改善させる、というメカニズムです。

フォトシルクプラス単体での施術でも効果的ですが、イオン導入などと併用すれば、さらに効果がアップ!

多くのクリニックで、別の施術との並行を推奨しています。

術後の変化

施術の直後は、シミやそばかすのエリアを中心に、顔全体に赤みが出てきます。赤みが消えると、今度はかさぶたが出てくることがあります。かさぶたが自然に剥がれ落ちるのが、施術から1週間程度。剥がれ落ちた後は、日を重ねるごとに少しずつシミが薄くなっていきます。

ダウンタイム

赤みが引くまでに数時間、かさぶたが剥がれるまでに1週間程度かかります。よって、厳密な意味でのダウンタイムは1週間程度となりますが、メイクでかさぶたを隠せることを考えると、実質的にはダウンタイムがないと考えて良いかも知れません。

アフターケア

フォトシルクプラスは、ややパワーの強い光治療器です。施術直後は肌がとても敏感になっているので、日焼け対策や保湿ケアを十分に行ってください。

特に日焼け対策を怠ると、色素沈着やシミの再発リスクがあるので要注意。

リスク

術後、顔全体にほてりや赤みが出ることがあります。また、シミの部分にかさぶたが出ることもあります。

いずれの場合でも、数日で自然に解消されるので、特に不安になることはありません。ただし、まれにヤケドや肝斑の悪化などのトラブルがあるようです。

フォトシルクプラスのまとめ

フォトシルクプラスは、フォト(光の力)で、シルクのような肌を目指すことができる美白マシン。シミやそばかす、長年の紫外線の影響によるくすみなどを、効果的に改善してくれる優秀なマシンです。透明感のある美白肌を目指したい人は、ぜひ検討してみてください。

相場やリスクなど基本情報

料金相場 40,000~45,000円程度(顔全体)
メイク 術後すぐ、または翌日から
効果が出る回数 1回~
施術の痛み 輪ゴムで弾いた程度

戻る