ロングパルスヤグレーザー

男性のヒゲ脱毛で有名なロングパルスヤグレーザーですが、その波長の長さという特徴を活かして、赤ら顔や血管腫の改善にも有効。痛みの強いマシンですが、痛い分、効果も抜群のようです。ここでは、ロングパルスヤグレーザーの特徴や効果、リスク、ダウンタイム、費用相場などについてご紹介しています。

Hot Word

ロングパルスヤグレーザーの効果

どんな悩みに効く?

赤ら顔/血管腫/ムダ毛/毛穴/小じわ/たるみ/ニキビ跡

ロングパルスヤグレーザーが赤ら顔やムダ毛などに効くメカニズム

ロングパルスヤグレーザーは、1064nmという長い波長を特徴としたレーザー装置。一般に、男性のヒゲのような毛根の深い毛の医療脱毛器として知られていますが、ほかにも波長の長さを活かし、赤ら顔や血管腫などの治療にも利用されています。

マシンから照射されたヤグレーザーは、毛根にあるメラニンに反応。これによって毛根が破壊され、ヒゲなどの永久脱毛効果を得られるという仕組みです。またヤグレーザーがヘモグロビンに反応すると、異常繁殖した血管が破壊されるため、赤ら顔や血管腫の改善効果が得られます。

ちなみに、Qスイッチヤグレーザーとの違いは、波長の種類です。ロングパルスヤグレーザーの波長が1064nmであるのに対し、Qスイッチヤグレーザーの波長は1064nmと532nmの2種類。Qスイッチのほうが用途の広いヤグレーザーと考えて良いでしょう。

術後の変化

まれに、施術直後に赤みなどが出る人もいますが、多くの場合は特に症状が出ません。施術を受けてから1~2週間ほどで、目的の効果を実感し始めます。ただし1回で十分な効果を実感することはなく、通常は5~10回程度の施術を繰り返すことになります。

ダウンタイム

何の治療をしたのかによって、ダウンタイムは異なります。脱毛であれば、ダウンタイムはありません。血管腫であれば、施術した部位に凹みが1~2週間ほど現れます。水ぶくれが出ることもありますが、数日で引いていきます。

アフターケア

レーザーを照射された皮膚は、とても敏感な状態になっています。特に乾燥と日焼けにご注意を。保湿ケアと紫外線対策は、いつも以上に十分に行ってください。希望すれば、適切や保湿剤と日焼け止めを処方してくれるクリニックもあります。

リスク

施術目的に応じて、赤みや凹みなどが生じることがあります。また、ヤケドのリスクも指摘されていますが、頻発するようなリスクではありません。あえてリスクを挙げるならば、施術中の痛み。経験者の中には、「激痛」と語る人も少なくありません。

ロングパルスヤグレーザーのまとめ

男性のヒゲ脱毛で有名なロングパルスヤグレーザーですが、波長が長いという特徴を活かして、血管腫(けっかんしゅ)や赤ら顔などに治療にも有効です。やや、というか、かなり強い痛みをともなう施術のようなので、できれば事前に麻酔を使ってもらうよう言ったほうがいいかも知れませんね。

相場やリスクなど基本情報

料金相場 40,000円ほど(顔全体)
メイク 術後すぐ
効果が出る回数 1回~
施術の痛み 油がはねてきたような熱い痛み

戻る