ライムライト

シミ消しマシンとして有名なライムライトをご紹介しています。効果のメカニズムやダウンタイム、リスク、費用の目安などをまとめましたので、シミが気になる方はぜひ参考にしてください。日本人の肌質を基に、日本人向けに開発されたIPL治療器のライムライト。シミのほかにも、そばかす、くすみ、赤ら顔などに効果を発揮します。

Hot Word

ライムライトの効果

どんな悩みに効く?

シミ/そばかす/くすみ/赤ら顔/赤いニキビ跡/毛穴/化粧ノリ

ライムライトがシミやくすみに効くメカニズム

ライムライトは、主にシミやそばかす、くすみなどの治療を目的としたIPL治療器。従来のIPL治療器は、欧米人向けに開発された機器を日本人向けに改良したものでしたが、ライムライトは、当初から日本人の肌を対象にして開発されたマシンとして知られています。

ライムライトから照射される光は、皮膚の表層付近にあるメラニンを捉えて破壊します。破壊されたメラニンは、新陳代謝によって少しずつ体外へ排出。繰り返し施術を受けることにより、シミが徐々に消えていくというメカニズムです。

ライムライトは波長が短いので、光が真皮層まで届くことはありません。よって、コラーゲンの増生作用は高くなく、たるみやしわの改善効果はあまり期待できません。皮膚の表層にできたシミを狙い撃ちする施術、と考えましょう。

術後の変化

施術を受けた場所では、一時的に赤みが出てきます。その後、シミの部分に薄いかさぶたが出来て、1週間程度で自然に剥がれます。剥がれた後、1ヶ月くらいでシミが薄くなったことが実感できるでしょう。繰り返し施術を受けることで、シミをほぼ消すことも可能です。

ダウンタイム

ダウンタイムはほとんどありません。術後に少しだけ赤みが出ることがありますが、翌日にはだいぶ落ち着いています。何より施術直後からメイクがOKなので、メイクで赤みを隠すことが可能。仕事をしている方でも、支障なく施術を受けることができるでしょう。

アフターケア

保湿ケアと紫外線対策をしっかりと行ってください。施術を受けた直後は、肌のバリア機能が低下しているからです。特に紫外線対策は念入りに。対策を怠るとシミが再発することがあります。

リスク

頻発するリスクではありませんが、理論上は、ヤケドや色素沈着などのリスクがあります。また、設定を誤って肝斑に照射した場合には、症状が悪化することもあります。個人差により、「効果がない」というリスクもあります。

ライムライトのまとめ

数あるIPL治療器の中でも、「日本人の肌質をもとに開発された」という点は大きなポイントですね。きっと、シミ消し効果だけではなく、ダウンタイムやリスクなども日本人向けに考慮されているのでしょう。シミを消したい全ての日本人が注目したい施術です。

相場やリスクなど基本情報

料金相場 20,000~30,000円程度
メイク 術後すぐ
効果が出る回数 1回~
施術の痛み -

戻る