ICON(アイコン)

光治療器「ICON(アイコン)」について詳しくご紹介します。短い波長と長い波長の2種類の光を照射できるICON(アイコン)。シミ、くすみ、そばかす、赤ら顔、小じわなど、さまざまなお肌の悩みを改善させることができる美容マシンです。効果のメカニズム、ダウンタイム、リスク、費用の目安などについてまとめました。

Hot Word

ICON(アイコン)の効果

どんな悩みに効く?

そばかす/シミ/くすみ/赤ら顔/赤いニキビ跡/小じわ/ハリ

ICON(アイコン)がシミや赤ら顔などに効くメカニズム

アイコンは、500~670nmの波長と870~1200nmの波長の2種類を搭載した光治療器。それぞれの波長を調節しながら、お肌を目的の状態へと導いていきます。

短いほうの波長がターゲットにするのは、赤い色。血液の中のヘモグロビンに反応して異常増殖した血管を破壊する働きがあるため、赤ら顔や赤いニキビ跡などを改善させることができます。

長いほうの波長がターゲットにするのは、黒い色や茶色。メラニン色素を破壊する働きがあるので、シミやそばかす、くすみなどを改善させることができます。真皮層の線維芽細胞を刺激してコラーゲンを増やす働きもあることから、ハリや小じわなどのお悩みも解消できるかも知れません。

術後の変化

術後、光が反応した場所を中心に、顔全体がほんのりと赤くなります。同時に、顔全体がほてったような感覚にもなります。その後、シミやそばかすがあった場所でかさぶたが発生。1週間くらいでかさぶたが取れた後、日を追って少しずつ顔全体が白くなっていくことが実感できます。

ダウンタイム

ダウンタイムは1週間ほどです。ただしダウンタイムとは言っても、シミの部分に小さなかさぶたが出る程度。メイクで隠せるくらいなので、日常生活にはほとんど支障がありません。そのため、クリニックによっては「ダウンタイムなし」と説明しているところもあるほど。

アフターケア

ICON(アイコン)を照射した後のお肌は、とても敏感な状態になっています。日焼けや乾燥によって色素沈着を招いてしまう恐れもあるので、紫外線対策と保湿ケアをしっかりと行ってください。

リスク

施術直後に赤みや火照りが出ますが、数時間で治まります。シミの部分にかさぶたが出た場合でも、だいたい1週間ほどで自然に剥がれます。まれに、ヤケドや水ぶくれが出てしまうこともあります。

ICON(アイコン)のまとめ

皮膚の表面に作用する光から、皮膚の真皮層まで作用する光まで、とても幅広い波長の設定ができるICON(アイコン)。シミやそばかす、小じわ、赤ら顔などに限らず、お肌を総合的に若々しくしたいという方には、ぜひおすすめしたい光治療器です。

相場やリスクなど基本情報

料金相場 18,000~30,000円(顔全体)
メイク 術後すぐ
効果が出る回数 1回~
施術の痛み ほとんどなし

戻る