ハイドラフェイシャル

ハイドラフェイシャルの効果やダウンタイム、リスク、費用などについて詳しく解説しています。ハイドラフェイシャルとは、いわばマシンを使ったピーリングのこと。毛穴やくすみ、シミ、小じわ、ニキビ、オイリー系など、お肌のさまざまなお悩みに対応した施術です。ハリウッドセレブたちの間でも話題の施術なのだとか。

Hot Word

ハイドラフェイシャルの効果

どんな悩みに効く?

毛穴/くすみ/シミ/小じわ/たるみ/ニキビ/乾燥/オイリー

ハイドラフェイシャルが毛穴やくすみに効くメカニズム

ハイドラフェイシャルは、基本的にはピーリングなのですが、普通に顔に塗るタイプではなく、専用マシンを使ったピーリングです。

専用マシンからスクリューのような水流が発生し、余分な皮脂や角質を落としながら毛穴の奥を徹底的に洗浄。洗浄と同時に、保湿&ピーリングもやってくれるという優れモノです。

肌のさまざまなお悩みに対応できるハイドラフェイシャルですが、効果を持続させるためには、月に1回くらいのペースで施術を受けることがおすすめ。顔に塗るタイプの普通のピーリングに比べると、術後の顔の赤みは穏やかなので、日常生活に大きな影響はありません。

術後の変化

施術直後から肌が赤くなりますが、数日で赤みは解消。赤みが消えると、術前に比べて肌がワントーン明るくなっているのを実感することでしょう。その後、肌の新陳代謝が進むにつれて、徐々に新しい肌へと生まれ変わるので、くすみ、小じわなどのお悩みを少しずつ解消できます。

ダウンタイム

ダウンタイムはないと考えて良いでしょう。術後に赤みが生じることがあるものの、通常は1日程度で解消します。不安な方は週末や連休を利用して施術を受ければ、仕事には大きな影響なく施術を受けられるのではないでしょうか。

アフターケア

施術の当日は、施術部位をこすったり強く洗ったりしないよう注意してください。術後3日間は、ピーリング効果のある石鹸や薬剤も使用しないこと。また、肌が生まれ変わるまでの間はバリア機能が低下するため、保湿ケアや日焼け対策を徹底してください。

リスク

術後は肌のバリア機能が低下しています。よってアフターケアが不十分な場合、肌荒れや色素沈着など、さまざまな肌トラブルが起こる可能性があります。医師の指示通りに、適切なアフターケアを行いましょう。

ハイドラフェイシャルのまとめ

ハイドラフェイシャルの最大のポイントは、ヘッドから放たれるスクリュー状の水流。角質を丁寧に剥がしながら、スクリューで毛穴の奥を洗浄するので、クレンジングなどでは落ちない化粧残りも徹底して除去できます。

相場やリスクなど基本情報

料金相場 15,000~30,000円
メイク 術後すぐ
効果が出る回数 1回~
施術の痛み 肌のピリピリ感

戻る