ダブロ

美容外科や皮膚科で導入しているマシン「ダブロ」についてご紹介します。ダブロはほうれい線やマリオネットラインなど、たるみの改善に高い効果が期待できる施術です。期待される効果やメカニズム、ダウンタイム、リスクなどを解説していますので、ダブロを検討中の方はぜひ参考にしてください。

Hot Word

ダブロの効果

どんな悩みに効く?

頬のたるみ(ほうれい線)/目の下のたるみ/口周りのたるみ(マリオネットライン)/フェイスラインのたるみ/毛穴

ダブロがたるみに効くメカニズム

ダブロとは、超音波エネルギーを筋膜まで届けるマシンのこと。筋膜に刺激を与えることで、頬のたるみやフェイスラインのたるみなど、高いたるみ改善効果をもたらす施術です。

肌を断面図にすると、上から順番に「表皮層」「真皮層」「皮下層」「SMAS層(筋膜)」の4段階に分かれますが、従来のほとんどのマシンは、皮下層までしか届きませんでした。

そのような中でダブロは、SMAS層(筋膜)まで超音波できるマシン。たるみの根本的な原因である筋膜を引き締めることで、たるみ改善効果をもたらすことに成功しました。

従来、筋膜まで届く施術は外科手術しかなかったそうですが、ダブロというマシンの登場で、照射系リフトアップ術の世界が大きく進化しました。

術後の変化

術後すぐに赤みが出てきます。同時に、鏡をよくみると、施術前よりもたるみが改善していることが分かるでしょう。術後2~3週間のどでハリ感が出てきて、3~4週間後にハリがピークに。その後、おおむね3ヶ月くらいは効果がキープされます。

ダウンタイム

ダウンタイムはほとんどありません。術後の赤みや浮腫み(むくみ)は、ほとんどの場合、数時間から翌日には解消します。ただし、中には浮腫みが2週間ほど続いたり、筋肉痛のような違和感が4週間ほど続く人もいるようです。

アフターケア

医師の指示通りにきちんとケアしてください。日焼けも良くないので、日焼け止めを塗ったり帽子を被ったりなど、徹底して日焼け対策を行いましょう。

リスク

施術直後から、赤み、浮腫み、ほてり、ヒリヒリ感、筋肉痛のような違和感が出ることがあります。冷やしすぎると効果が弱くなってしまうことがあるため注意してください。また、ごくまれに色素沈着やヤケドを起こすことがあります。

ダブロのまとめ

ダブロは、たるみの土台にある筋膜を引き締める施術。皮下脂肪のさらに下の筋膜を引き上げるわけですから、高いリフトアップ効果が期待できます。ダウンタムもほとんどない治療なので、気軽に受けることができますね。

相場やリスクなど基本情報

(50字※調査費込)

料金相場 120,000~200,000円程度(顔全体)
メイク 術後すぐ
効果が出る回数 1回~
施術の痛み 奥に響くような痛み

戻る