炭酸ガス(CO2)レーザー

炭酸ガス(CO2)レーザーの効果やダウンタイム、リスクなどについて紹介しています。ほくろやイボなどの治療法として、メジャーな炭酸ガス(CO2)レーザー。メスを使わない治療法なので、術後の出血や傷跡のリスクは、従来の手術法に比べれば低めです。症例によっては保険が適用となります。

Hot Word

炭酸ガス(CO2)レーザーの効果

どんな悩みに効く?

ほくろ/イボ/脂漏性角化症/血管腫/その他、盛り上がった病変

炭酸ガス(CO2)レーザーがほくろ・イボなどに効くメカニズム

炭酸ガス(CO2)レーザーは、赤外線を照射する施術のこと。赤外線というと、何だか熱いような印象がありますよね?そう、その熱さを利用してホクロやイボなどを破壊するという施術法が、炭酸ガス(CO2)レーザーです。

炭酸ガス(CO2)レーザーから照射される赤外線は水分に反応するレーザー。ホクロやイボなどを狙い撃ちしてレーザーを照射すれば、その中にある水分に反応して熱くなって、その熱でホクロやイボが破壊されて蒸発するって仕組みなんです。

ほくろやイボを取る方法としてメスによる切除手術がありますが、炭酸ガス(CO2)レーザーはメスを使わないので、なんとなく抵抗感がうすまります。

術後の変化

術後から2日程度で、レーザーを受けた部分にかさぶたが出来ます。1週間後からかさぶたが剥がれていきますが、完全にかさぶたが剥がれた後も少し赤みが残ります。その後、1~3ヶ月ほどかけて赤みが取れていき終了です。

ダウンタイム

かさぶたが取れるまでの期間は、約1~2週間。その後の赤みが取れるまでの期間は、約1~3ヶ月。かさぶたが取れてしまえばメイクで完全に隠すことができるので、実質的なダウンタイムは1~2週間と考えて良いでしょう。

アフターケア

術後は医師から処方された軟膏を丁寧に塗ってください。軟膏の上から保護テープ(透明か肌色)を貼って、紫外線などの外部からの刺激から患部をガードします。

この対策を約2週間続けることになります。患部の紫外線対策はしっかりとやりましょう。

リスク

レーザーを照射した後、患部にかさぶたが出来たり赤くなったりします。また一時的ですが、色素沈着が出てしまうこともあります。中には、取ったはずのほくろやイボが再発してしまう例もあるようです。

炭酸ガス(CO2)レーザーのまとめ

ほくろやイボの治療法として、切除しない施術ということで人気の炭酸ガス(CO2)レーザー。術後のかさぶたが少し気になりますが、気軽に受けられる点ではとても魅力です。医師の判断によっては保険適用になる治療法なので、費用については相談してみてください。

相場やリスクなど基本情報

料金相場 ほくろ1個で2,000~10,000円
メイク 翌日から
効果が出る回数 1~数回
施術の痛み ほとんどなし(局所麻酔)
種類 レーザー、光治療(IPL)など

戻る