40代

老け顔の原因となるたるみを防ぎ、若々しい40代の肌を作る美肌ケア法をまとめています。

Hot Word

仕事・子育てに忙しい40代は、時間をかけたスキンケアがなかなか難しい時期。ついお手入れが疎かになり、気がついたらたるみやほうれい線が目立つように…という方は少なくないようです。ここでは、そんな40代に知っておいてほしい美肌ケアとNG習慣について解説していきます。

各年代・肌のお悩みアンケート結果

項目 20代 30代 40代
シミ 19.3% ★21.9% 21.8%
しわ 5.7% 11.1% 29.4%
そばかす 9.8% 5.7% 8.4%
たるみ 7.0% 15.8% ★36.1%
にきび・にきび跡 31.2% 12.2% 5.0%
毛穴の開き・詰まり ★31.4% 15.1% 16.8%
目の下のクマ・くすみ 15.4% 12.5% 21.0%

【調査機関】美容外科『東京イセアクリニック』調べ(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000026711.html)
【調査期間】2017年3月1日~2017年8月31日の6か月間
【調査対象】10代~50代の1,322名の女性

忙しくてもこれはぜったい!
40代の美肌習慣

20~30代に比べ、格段に肌のコンディションが悪くなりやすい40代。この年代の肌トラブルの原因の1つが紫外線です。美肌を保つためには、1年を通して徹底的に紫外線から肌を守ることが大事。

日焼け止めやUVカットの下地・ファンデーション、日傘・帽子・ストールなどを身につける習慣を心がけてください。ビタミンCをはじめとする美白成分が入った化粧品を使用することもお忘れなく。また、40代は体の中からの美肌ケアも重要です。

食事は栄養バランスを整えやすく、脂肪分の少ない和食中心にすると◎。また、腸内環境を整えることも美肌づくりの基本なので、食物繊維と発酵食品は積極的に取り入れましょう。

体を温めて冷えを防いだり、ヨガやウォーキングなどの運動で基礎代謝をアップさせることも大切です。

40代の肌の悩み「たるみ」が気になる人がやめるべきこと

40代の肌悩みで多くなるのが、皮膚のたるみや。これらの肌トラブルは老けた印象を人に与えやすいため、日頃からの注意が必要です。まず、たるみが気になる人は猫背や頬杖をつくなどのクセを改めるべき

とくに手のひらで顔を圧迫する頬杖は皮膚への負担が大きいため、たるみが加速してしまいます。また、PCやスマホをうつむいて見るクセも歪みのもとです。

40代の肌の悩み「たるみ」が気になる
人がやるといいこと

たるみが気になる人は、まず姿勢を改善することが第一。背すじをスッと伸ばして美しい姿勢をキープすれば、猫背や頬杖をつくクセも改善されていきます。また、背中やお腹の筋肉を鍛えることにもつながり、基礎代謝アップも期待大です。

スキンケアでは、メイクでも洗顔でも強く肌をこすらないようにすることが大事。優しく丁寧に、そして手早くが基本です。また、隙間時間があれば、口の中で舌をグルグル回すと表情筋が鍛えられるのでおすすめです。スキンケアでは、保湿を重視!

戻る