コンサバ系

VERY・STORY・Domaniといったコンサバ系雑誌の読者モデル(読モ)になるには?目指すために覚えておきたい基礎知識をまとめてみました。

Hot Word

VERY・STORY・Domaniといった、コンサバ系雑誌の読者モデルを目指すための基礎知識と、ポイントをまとめてみました。

コンサバ系とは?

コンサバとはコンサバティブ(conservative)の略で、「保守的」「控えめな」という意味を持つ言葉。つまり、コンサバ系ファッションとは流行に流されにくく、年代を問わずに楽しめるファッションを指します。

モデルで言えば、菜々緒・菊川怜・滝沢眞規子などがこの系統。清潔感があって落ち着きがあり、上品なイメージが魅力です。コーディネイトもシンプルでスタンダードなため誰でも入りやすいジャンルではありますが、ワンランク上の着こなしを楽しむにはセンスが問われます。

コンサバ系の主な雑誌

コンサバ系の主なファッション雑誌には、VERY(ヴェリィ)・STORY(ストーリィ)・Domani(ドマーニ)・Marisol(マリソル)・Precious(プレシャス)・BAILA(バイラ)・GINGER(ジンジャー)・Steady.(ステディ)などが挙げられます。

働く30~40代女性向けなのはDomani・Steady.・marisol・BAILA、主婦層にも人気のあるSTORY・Precious、やや個性的なGINGERなど、コンサバ系雑誌にもそれぞれ特徴があります。

読モを目指すなら自分のライフスタイルに合った雑誌を熟読し、ファッションやメイクの傾向を研究してみましょう。

コンサバ系のメイク・ファッション

コンサバ系のメイクは、顔全体の立体感を大切にしつつ上品に仕上げるのがポイント。眉は太めで、アイラインもリップもしっかり描くのがコツですが、あまりキッチリしすぎると古臭くなってしまいます。

上手に抜け感を演出し、今どきコンサバメイクを目指しましょう。ファッションでは、白シャツ+ジャケットにパンツorスカートの組み合わせが定番。自分にピッタリ合ったサイズを選ぶことが重要なので、試着はきちんとした方が◎です。

コンサバ系のモデルになるには

コンサバ系モデルになるには、事務所のオーディションを受けたり、雑誌などが行っている読者モデルに応募するのが一般的。

スタイルやファッションに対する意識の高さも重視されますが、年齢層がやや高めのコンサバ系では「人を惹きつける魅力があるかどうか」が重視される傾向があります。それは外見だけでなく内面からも滲み出るものなので、上品な立ち振る舞い・教養・マナーなどをしっかり身につけておくようにしましょう。

元某女性ファッション誌の編集者に
聞いてみた!

読モの選定条件とは?

  
    
元編集者のアイコン
  
  
「できるだけ肌の綺麗な
人」を選んでいました

メイク企画などですっぴんをアップで撮影するときがあるんですが、肌が荒れている子はちょっと呼びにくかったですね…。いくらでも修正はできるんですけど、時間や労力がかかるのはもったいないので。

もし2名応募が来て、どちらも良さそうな子だったらとりあえず2人とも呼んで撮影して、写真写りの良さで決めたりもしてましたね。それだけ肌は重要視していました。肌が綺麗な子は3割増しできれいに見えますしね。

顔のパーツは自分ではどうにもならないけれど、肌はお手入れ次第で綺麗になれる。彼女たちは選ばれるために、磨ける部分は日々とことん磨いていた印象があります。(元女性誌編集・Sさん)

SilKIN編集部より

  
    
SilKIN編集部のアイコン
  
  

モデルになるには人並み以上の美意識が大事!

読者モデルやモデルは、雑誌やブランドのイメージを左右するとも言える重要なお仕事です。そのため、整ったスタイルや美しく健康的な肌づくりは必須。

そして、それを維持するための運動やスキンケアに力を入れるのは、モデルとしてごく当然のことなんです。とくにスキンケアは、美容皮膚科で専門的なメンテナンスを受けるのが一般的になってきています。

モデルを目指すなら人並み以上の美意識を持ち、努力を重ねていきましょう。

戻る