カジュアル系

ViVi・InRed・mini・nonnoといったカジュアル系雑誌の読者モデル(読モ)になるには?目指すために覚えておきたい基礎知識をまとめてみました。

Hot Word

ViVi・InRed・mini・nonnoといった、カジュアル系の読者モデルを目指すために知っておきたい基礎情報をまとめてみました。

カジュアル系とは?

フォーマルと対になるカジュアル系とは、形式にとらわれない気軽なスタイルを指します。全体的なイメージとしては、ラフでアクティブな印象。雑誌に出てくるモデルで言えば、三浦りさ子・滝沢沙織・AMO・ローラなどがカジュアル系に近いでしょう。

ファッションの組み合わせとしては、デニムにTシャツ、軽く羽織れるジャケットを使ったコーディネイトが定番。1つ1つのアイテムがシンプルなため、上手にコーディネイトしないとだらしなく見えてしまうこともあります。雑誌などを読み込んで、しっかり研究しましょう!

カジュアル系の主な雑誌

カジュアル系の主な雑誌には、ViVi(ヴィヴィ)・InRed(インレッド)・mini(ミニ)・LEE(リー)・Seventeen(セブンティーン)・VERY(ヴェリィ)・non・no(ノンノ)・mina(ミーナ)・25ans (ヴァンサンカン)などが挙げられます。

カジュアル系とひと口に言っても、女子大生や20代前半の女性をターゲットとするnon・no、30代からの大人の女性に向けたInRedなど、年齢や好みによって系統が異なります。

カジュアル系ファッションを取り入れたいと思っている人は、年齢やライフスタイルに近いファッション誌をチェックすると良いでしょう。

カジュアル系のメイク・ファッション

カジュアル系のメイクは、素肌の美しさを活かしたナチュラルさがポイント。顔のパーツを強調するしっかりメイクに比べると抜け感があるのが特徴で、親しみやすいイメージを演出することができます。

ファッションでは、ボトムはデニムがマストアイテム。トップスはTシャツ・ニット、アウターはジャケットやパーカーなどが定番です。足元はスニーカーが合わせやすいですが、ヒールを組み合わせると一気に大人っぽさがアップ。

パンツスタイルだけでなく、スカートを合わせた甘めカジュアルなどを楽しむのもアリです!

カジュアル系のモデルになるには

カジュアル系のモデルになるには、雑誌などの読者モデルに応募したりオーディションに参加するのが一番の近道。読モの場合は「ブログやSNSをこまめに更新できること」「ファッションや美容に関心があること」などの条件が明記されていることもあるので、モデルになりたい雑誌を研究し、その雑誌が求める人物像を目指すことが重要です。

ただし、雑誌やモデルに合わせすぎて自分の個性を失ってしまうのはNG。バランスを取りながら、上手に自分を磨いてくださいね。

元某女性ファッション誌の編集者に
聞いてみた!

読モの選定条件とは?

  
    
元編集者のアイコン
  
  
「できるだけ肌の綺麗な
子」を選んでいました

メイク企画などですっぴんをアップで撮影するときがあるんですが、肌が荒れている子はちょっと呼びにくかったですね…。いくらでも修正はできるんですけど、時間や労力がかかるのはもったいないので。

もし2名応募が来て、どちらも良さそうな子だったらとりあえず2人とも呼んで撮影して、写真写りの良さで決めたりもしてましたね。それだけ肌は重要視していました。肌が綺麗な子は3割増しできれいに見えますし。

顔のパーツは自分ではどうにもならないけれど、肌はお手入れ次第で綺麗になれる。彼女たちは選ばれるために、磨ける部分は日々とことん磨いていた印象があります。(元女性誌編集・Sさん)

SilKIN編集部より

  
    
SilKIN編集部のアイコン
  
  

ストイックに美を追求
する姿勢が大事!

清潔感や親しみやすさといった、その人の持つ自然な魅力を引き出すカジュアル系。「素」の魅力が重要となるため、素肌のコンディションには常に気を配りましょう。

モデルとして活躍している人やモデルを目指している人は、ホームケアはもちろん、美容皮膚科に通ってプロの美肌ケアを受けている人も多くなっています。

読者モデルを目指すなら常に高い意識を持ち、ストイックに美を追求していきましょう。

戻る