こんなにケアするのは日本だけ…!?海外のスキンケア事情

気候も生活習慣も違う海外のスキンケア方法は、日本人には驚きのものばかり。今回はその理由に迫ります。

Hot Word
SilKIN ~シルキン~SilKIN美肌コラムこんなにケアするのは日本だけ…!?海外のスキンケア事情

欧米は、世界のファッションの中心地。欧米の女性の美意識とファッションセンスは高く、常に流行の最先端をいっています。女の子は小さい時からファッションと美容の知識を磨いていて、一定の年齢になると母親に連れられてエステサロンデビューをするのだとか。

日本女性の憧れのコスメブランドも多くあるので、さぞやスキンケアにもこだわっていて入念にケアをしているのかと思いきや……。

実は欧米の女性たちのスキンケアは、とてもシンプル。スキンケア用品は、日本のブランドのほうがよほど種類も豊富で、複雑です。

ファッションにもメイクにも関心の高い欧米女性たちなのに、どうしてなのでしょうか。

欧米のメイク落としはずぼら?!

メイク落としというと、クレンジングでメイクを落とし、ていねいに洗顔をするというイメージですが、欧米女性はなんと洗顔をしないで、拭き取り用のクレンジングミルクで拭き取るだけだとか。これは、日本と欧米の水質の違いからくるものです。

欧米の水は、石灰分やマグネシウムを多く含んでいる硬水なので、水で洗顔をした後、しばらくするとポロポロとした白い石灰分が顔に残ってしまうのだとか。

だから必然的に洗顔はしなくなり、拭き取るだけになったようです。

肌質の違いでメイク落としも違う!

また、欧米人と日本人の肌質の違いも関係しています。高温多湿の日本に住む私たち日本人の肌は皮脂の分泌が多く、老廃物が毛穴に詰まりやすいので、汚れをきちんと落とすために洗顔は大切なスキンケアのプロセスです。

逆に一年中乾燥している欧米に住む人たちの肌は、角質が厚く乾燥肌なので、水で洗顔するとよけいに乾燥してしまうので、拭き取りクレンジングが主流になっています。

拭き取るだけでメイクをキレイに落とすことができるの?!と心配になりますが、それがマスカラまでもちゃんと落とせるそうなのです。しかも保湿効果もバッチリ!とのこと。

シンプルクレンジング

保湿効果のあるクレンジングミルクで拭き取った後はさっぱりしっとりした肌になり、翌朝までしっとり感が続くそうです。欧米は、特に冬は日本人には想像もつかないくらい乾燥しているそうなので、保湿にはとりわけ気をつけている欧米の女性たちのスキンケアは、いたってシンプル。

メイク落は拭き取るだけで汚れはバッチリ落ちるし、潤いキープ。後はクリームでお手入れしますが、ほとんどの人は拭き取りだけで済ませるそうです。化粧水や乳液などのスキンケアコスメは、日本だけのもの のようです。

皮脂の分泌が多い日本女性

欧米女性のスキンケアがこんなにシンプルだなんてとても意外でしたが、それでも彼女たちの肌はスベスベなめらか。余計なものは足さないけれど、保湿にだけは充分気をつけているからでしょう。

私たち日本女性が彼女たちと同じようなずぼら洗顔をすると、残った毛穴の汚れが即ニキビや吹き出ものの温床となって、たちまち肌荒れを起こしてしまいます。

日本女性の肌は皮脂の分泌が多く、どちらかというとオイリー肌が多いので、きちんと皮脂汚れを落とす必要があります。

環境にあったスキンケアを

人間の皮膚の基本構造は、角質層を含む表皮と真皮、皮下組織となっていて、人種に関係なく同じなのですが、住む環境や生活習慣の違いにより肌質が変化します。だから日本人が欧米に行くと、一週間もすると粉ふき芋のような乾燥肌になってしまうそうです。顔だけでなく体中が、粉をふいた状態になるのだとか。

それなのに日本にいる時とおなじようなスキンケアをすると、皮脂を取り過ぎて逆効果になり、おまけに硬水なのでさらに粉ふき芋状態に。環境と肌の状態に考慮したスキンケアが大切だということですね。

戻る