昔の人はどうやって美肌ケアしていたの?

美容技術や商品が今ほどなかった昔でも女性の美肌への憧れはありました。生活の知恵が詰まったスキンケアは、現代でも通用するものがあります。肌ケア商品がなかった昔の人のスキンケアはどんなものだったのか解説します。

Hot Word
SilKIN ~シルキン~SilKIN美肌コラム昔の人はどうやって美肌ケアしていたの?

科学の発達に伴って現代では選ぶのに迷うくらい、様々なスキンケア商品があります。でも科学の恩恵を受けることも知識もなかった時代は、スキンケア商品など何もなく、女性たちはどのようにスキンケアをしていたのでしょうか。

昔も今も、女性たちの美への意識は変わりません。何もなかった時代、生活の中の身近にあるものを工夫して女性たちはスキンケアをしていたようです。
ここでは、昔の女性たちのスキンケアを紹介していきます。

ヘチマ水

ウリ科の植物ヘチマから採るヘチマ水は、室町時代から江戸時代に化粧水として使われ始めました。「美人水」「花の露」などと呼ばれていたヘチマ水には、紫外線から肌を守るブリオール酸や、肌のきめを整えるサポニンなどの成分が豊富に含まれていて、美肌効果や保湿効果があるようです。

ヘチマの若い果肉は食用になり、熟した繊維はタワシとして利用していたことからもわかるように、ヘチマは多様な使い方ができる優れた夏野菜といえますね。

ヘチマ水の作り方・使い方は簡単で、ヘチマの茎の切り口から出る汁をそのまま肌につけたり、他のものと配合したりして使っていました。

ウグイスのふん

春の訪れを告げる鳥、ウグイスのフンは、江戸時代から洗顔料として使われていました。フンを顔につけるのは抵抗がありますが、それより前からは着物の漂白やしみ抜きとして使われていたそうです。

ウグイスのフンには、食べた毛虫を消化する酵素が多く含まれていて、それが垢や皮脂、お化粧を溶かし、肌のシミを消す働きをします

当時は高価だったため庶民には高嶺の花だったようで、歌舞伎役者や芸者の間で愛用されていました。

米ぬか

江戸時代から洗顔料として使われていた米ぬかには、スキンケアに適したビタミンB群、ビタミンE、ミネラル、アミノ酸などが豊富に含まれています。

美白や保湿、消炎作用もある米ぬかを布袋に詰めて、女性たちは顔や体を洗っていました。日本人はお米を主食としていたので、日常生活の身近にある米ぬかを上手に活用していたのですね。お米のとぎ汁も、米ぬか同様に使われていたようです。

江戸時代以前のスキンケア

昔のスキンケア商品が明らかになっているのは江戸時代からですが、それ以前にも化粧文化はありました。でもそれは貴族の特権で、女性だけでなく男性も身分や階級の象徴として白粉をつけて顔を真っ白にして、眉を描いていました。

厚化粧の白粉を落とすには、小豆の汁を使って洗顔をしていたようですが、スキンケアという概念はあまりなかったようです。

江戸時代以前のスキンケアに関する文献は残っていないので、明確なことはわかりませんが。

自分に合ったスキンケア商品を江戸時代からヘチマ水、米ぬか、ウグイスのフンがスキンケアに使われていたのには、根拠があることがわかりましたね。昔の人の知恵が詰まっているスキンケア商品といえるでしょう。

今でも、ドラッグストアなどのスキンケアコーナーには、ヘチマ水や米ぬかを配合した化粧水や乳液、ウグイスのフンを配合した洗顔石けんが並んでいます。

現代になって登場したアンチエイジング商品もたくさんありますが、豊富な種類の中から自分に合ったスキンケア商品を探してみましょう。

戻る