スキンケアの歴史

古墳時代から平安時代、江戸時代を経てスキンケアの歴史はどのように進化したのでしょうか。

Hot Word

女性が美しくありたいと願うのは、永遠のテーマです。古の時代とて例外ではありません。現代のようにスキンケア商品や化粧品が豊富ではなかった時代でも、洗顔や化粧水には天然の原料を工夫して使っており、美への追求を怠りませんでした。

古くは6世紀から現代まで、日本のスキンケアの歴史はどのように変遷してきたのでしょうか。

貴族の特権だった化粧が徐々に庶民の間に広がり、今では化粧法やスキンケアは実に多様になってきました。その歴史は、女性の社会的地位の向上に比例してきたとも言えるでしょう。

白粉で真っ白に塗るのが美とされた
平安時代

6世紀頃、つまり古墳時代までは、女性は魔除けのために赤い顔料を顔に塗っていました。6世紀になって日本に化粧品がもたらされてからは、白粉で顔を真っ白に塗るのがおしゃれだとされるようになり、それが後の世にも続くようになりました。

平安時代の貴族の美の基準は、身長よりも長い黒髪と、豪華な着物、真っ白い肌でした。化粧落としには、小豆の粉末を使っていたようです。その後に続く戦国時代にも、女性たちの化粧文化は引き継がれていきました。

薄化粧がスタンダードの江戸時代

群雄割拠の戦国時代が終わり江戸時代になると、庶民の間にも化粧文化が広がっていき、かつての真っ白な厚化粧から、素肌の美しさにポイントをおいた薄化粧がスタンダードになりました。

そして洗顔にはヌカ、化粧水にはヘチマ水を使用するのが、当時のスキンケアでした。同時に多くの種類の洗顔料が発売されており、美白美容液の作り方や美肌作りの洗顔法を記した本が出版されるなど、女性の美に対する意識も向上してきたようです。

女性の社会進出とともに進化した
スキンケア

長かった江戸時代も終わり、近代化を目指した明治になると西洋文化も入ってきて、化粧に対する女性の意識も変化し、より美肌を尊重するようになりました。

洗顔で汚れをていねいに落とし、化粧水やクリームで肌を整えるなど、現代のスキンケアの基礎が作られました。その後、20世紀から現代にいたるまで、スキンケア方法は進化を続けてきました。女性たちが化粧どころではなかった戦争の時代を経た後は、一気に美への追求が高まりました。

今では化粧品だけでなく美容技術や美容機器の発達とともに、アンチエイジングを始めとする美肌への関心と欲求がより一層強くなっています。

いつの時代のスキンケアも、目指すのは同じ「美しい素肌」。今後もさらに開発や研究が進み、もっと高度な技術が生み出されていくでしょう。

戻る